2009年11月08日

11月1日(日)CQBゲーム




・11月1日(日)、
 IBF八王子にてゲームをしてきました。

 ゲームの内容は、
 「殲滅戦 4vs4」
 「クリアリングゲーム」
 「企画ゲーム スパイvsスパイ」

 の3つ。
 
「4vs4の殲滅戦」

 これはいいゲームになりました。

 IBFでのCQBの場合、
 1チーム5人以上にすると、
 だいたい「2人と3人」に分かれてしまってバラバラになってしまい、
 同士討ちしてしまったりする。
 1チーム3人だと、
 1人やられたら2名のバディになってしまう。
 これが4人であれば、
 マンセルで動くのに多過ぎず、
 一人やられても3マンセルが維持できる。
 フィールドサイズに対して人数が飽和じゃないから、
 静かに気配を殺しつつ慎重に索敵し、
 敵の脇腹を突くゲームが楽しめました。
 これは地味にいいです。

「クリアリングゲーム」
 
 内容:

  4マンセルでのクリアリングのトレーニングを目的としたゲームです。

  「潜伏側チーム」は、
  あらかじめフィールド内にバラバラに潜んでおきます。

  「侵入側チーム」は、
  遅れてゲートから侵入し、
  フィールドを慎重にクリアリングしつつ、
  「目標物(スーツケース)」を確保し、
  別のゲートから脱出します。 

  「潜伏側チーム」は、
  先に隠れて待ち伏せできるため有利ですが、
  それぞれ1人ずつバラバラに点在してもらうため、
  数では不利となります。

  「侵入側チーム」は、
  チームワークを駆使して個別に対処することができます。

 結果:

 これは色々と難点がありました。

 まず、
 「侵入側チーム」がいつも全滅してしまう。
 「潜伏側チーム」はやはり有利です、
 あらかじめ身を隠して、
 敵が通りそうな所を狙っておく。
 「侵入側チーム」は、
 動きながら、
 敵を探しながら、
 敵を見つけてから照準しなければならないため、
 どうしても敵の攻撃に対してワンアクション遅れてしまいます。
 これに対するハンデとして、
 「潜伏側チームは、必ず1名で点在する。」
 「侵入側チームは、4名で連携して対処する。」
 というルールでバランスを取りました。

 がしかし、

 「前後左右の警戒範囲が広すぎて、ポイントマンのカバーにもう一人付く余裕がない」
 「通路が狭く、ポイントマンの背後にもう一人立ってカバーするだけのスペースがない場合がある」

 で。
 3回目のゲームから条件を変更。
 「潜伏側チームは、定位置から動かない」
 というハンデをつけました。

 しかし、
 これだと、
 「いつどこから敵が襲ってきてきてもいいように、全員で全方位を警戒するトレーニング」
 にはなりません。

 ・・・難しいです。
 ただ、
 その前の「4vs4の殲滅戦」が索敵のトレーニングにもなったので、
 それはそれで良かったと思っています。
 
「企画ゲーム スパイvsスパイ」

 内容:

  往年のマイナーなファミコンゲームのパロディ企画です。
  http://www.youtube.com/watch?v=LJC7DIP5JIw

  それぞれ1人ずつのバトルロイヤル形式。

  フィールドのどこかに、
  4つの「?ボックス」と、
  1つの「スーツケース」が配置してあります。

  「?ボックス」の中には、
  「機密情報アイテム(ディスク/カギ/IDカード)」、
  または「爆弾」が入っています。

  「3つの機密情報アイテムとスーツケース」、
  「合計4つのアイテム」をすべて揃えて、
  いずれかのゲートから脱出した人が勝利。

  「ヒット」された場合、
   ヒットコールして手を上げ、
  「手に入れたアイテムをすべて床に置き」、
  「30秒カウント」します。

  床に置いたアイテムは、
  他の人が奪えます。

  30秒のカウントが終われば、  
  その場から復活できます。

  「?ボックス」の中に「爆弾」が入っていた場合は爆死!
  こちらもヒット扱いとなります。

  爆発した「爆弾」は回収し、
  他の「?ボックス」の中に仕掛けることができます。

 結果:

 今回は参加者が8名だったので、
 「2vs2vs2vs2」、
 「2名のどちらかが撃たれたら、もう一人も30カウント」、
 というルールでやってみました。

 なかなか面白いのですが、
 「撃たれてしまうと仲間に対して申し訳ない気持ちになってしまう」、
 「2人で30カウントする時間が精神的につらい」、
 「アイテムが多くて1ゲームが長過ぎる」
 と感じてルールを変更。
 「1vs1vs1vs1vs1vs1vs1vs1」、
 「撃たれたら20カウントして復活」、
 「奪い合うアイテムは合計で3つ」、
 にして再トライしました。

 ・・・
 いや、面白かったんですけどね、
 カオス過ぎwwww
 面白いを通り越して、
 ほとんど狂気の沙汰としか言えない魔空間にwwww

 たった2ゲームで、
 全員真っ白に燃え尽きてました。

・1日通してトラブルもなく、
 聞く限り好評だったので、
 企画者としては嬉しく思います。

 今後も定期的に、
 「CQBゲーム」
 「自主CQBトレーニング」
 「自主ライフルトレーニング」

 をローテーションで続けたいと思っています。
 
 参加してくれた皆さんには感謝です。
 






同じカテゴリー(サバイバルゲーム)の記事画像
12月6日 BCU Worldwide様主催ゲーム
11月15日 BCU Big-out様主催ゲーム
Move on fire
同じカテゴリー(サバイバルゲーム)の記事
 12月6日 BCU Worldwide様主催ゲーム (2009-12-11 23:46)
 11月15日 BCU Big-out様主催ゲーム (2009-11-17 22:48)
 Move on fire (2009-11-09 23:24)

Posted by white  at 10:42 │サバイバルゲーム

この記事へのコメント
あらやだ・・・いつの間にブログ始めたんですか?


面白い記事期待しています (=゚ω゚)ノ
がんばってね!
Posted by にゃんこ丼 at 2009年11月12日 21:19
こないだmixiの方で告知したじゃないですか・・・orz
センセもネット環境復旧するといいね。
Posted by whitewhite at 2009年11月12日 22:21